あなたの知ってるその情報、意外と古くないですか?最新の中古マンション、新築マンション情報、比較ココにあり!

意外とアップトゥデートな情報の多いこのジャンル。見逃し厳禁ですよ。

【あなたはどっち派?】中古マンションか?それとも新築?

マンション購入は、新築か中古かに関わらず、一生に一度の大きな買い物でもあります。購入のメリットとは一体なんでしょうか。マンションが自己資産となることではないでしょうか。このサイトでは、購入のメリットについて、新築のメリット、中古のメリット、新築と中古の価格について、マンションの設備について、住宅ローン控除の適用について、新築のモデルルームを見学するメリットについて、マンション周辺の環境について、バリアフリー化について、マンションの遮音性の大切さについて、簡単にまとめてあります。

購入のメリットとは、マンションを手に入れることが出来た達成感なのではないでしょうか。また老後は、賃貸住宅だと、家賃の負担が重くなることや、年をとると、賃貸住宅を借りにくくなってしまいますが、購入すれば、老後の生活面は安心でしょう。新築を購入するメリットには、どこもかしこも真新しいという満足感を得ることができます。また設備の充実したマンションだと、住民がくつろぐことができるラウンジや、中には愛犬のためのドッグランが設けられていることもあります。ペットの飼育が認められているマンションもあるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

中古マンションのメリットとは、価格が安いということでしょう。耐震対策が実際にされているかどうか、築年数についての確認も必要でしょう。中古を買った後、自分達のライフスタイルや個人の趣味などに合わせて部屋をリフォームすることも可能でしょう。中古で気をつけなければならないのが、築年数でしょう。老朽化が進んでいると、修繕費用にお金がものすごくかかってしまう場合もあります。マンション買った時には修繕費用に力を入れすぎて、かえって、リフォーム代がかかってしまうということにもなりかねません。

なので中古で注意しなければならないのは、リフォーム代にお金をかけすぎてしまい新築よりも価格が高くなってしまわないようにすることでしょう。住環境にこだわりを持つなら、中古だと物件数が多いので、希望の土地に住むことが出来、なおかつ、リフォーム次第では新築に負けない内装に仕上げることが出来ます。どこに重点を置くかは、購入者のライフスタイルや価値観で決まります。新築マンションか中古マンションかどちらがよいのか、それは個人の価値観で決まります。新築には、最初から最新式の設備や防犯カメラ、給湯システム、モニター付きのドアフォーン、床暖房システムがあらかじめ付いています。

これらを自分でつけようと思ったらかなりの値段となることでしょう。希望の新築マンションでは、入居希望者が殺到するということもあるので、注意が必要です。新築マンションか中古マンションかどちらにしても、ローンで購入した場合には、住宅ローン控除の手続きを必ずやっておきましょう。ある条件を満たすと、所得税から控除を受けることができるので、返済が少しでも楽になります。詳細については住所地の管轄の税務署で確認をすることができます。新築マンションか中古マンションかどちらを購入したらよいのか、まだわからない時期には、新築のモデルルームをいくつか回ってみると、自分がどんなマンションに住みたいのかというイメージが固まります。

新築マンションの見学会では、部屋の設計図やマンション全体の設計図、建築会社のパンフレットがあるので、もらっておくとよいでしょう。自分が、実際に購入する際の参考になるからです。選ぶ際には、周辺環境、バリアフリーについても考えて購入するとよいでしょう。一生に一度の買い物です。老後も生活ができるかどうかを念頭に置き、購入を検討するとよいでしょう。購入後、後悔することのないように、マンション選びをしましょう。